« 昨日彼女が出来ました! | トップページ | 仲良くして頂いた みなさま »

2007年12月24日 (月)

門限ってあったなぁ

上のチビ 高校球児1年生 人生初の彼女とのデートへ 
バイトを終えて おしゃれして出かけたのは17:00前 
んでもって 帰ってきたのは 21:30過ぎ

はやっ!

「早かったろー 21:00までには帰って来いって言われたみたいやけん 」

これって門限やんね 懐かしい響き 門限

時間に間に合うように 楽しくお好み焼き食べてプレゼント渡しっこしてきたみたいです
私の可愛いチビも すっかり大人になっちゃった気がして寂しいなぁ

不思議なもんで 自分の息子の彼女なら ちゃんと門限を守るような子がいいなぁと 勝手に思いました
第一 高校生で遅い時間までよそ様の大事な娘 連れまわしとったら こっちのほうが心配でたまらんしね

下のチビも 彼女を迎えに行って 帰りは家まで送り届ける
もちろん中学生ですから チャリで!
二人乗りして(彼女はチャリに1人で乗れない子らしい)
こちらも 可愛い青春です

大昔  私が中学生だった頃
中学までは厳しくて 18:00が門限
厳しすぎるとブーブー思ってました 
それが働く高校生になった途端 何も言わなくなったママ 
たぶん大人として扱ってくれたからなのでしょう
そんなに信用されてる娘には 今から考えても思えんけど・・・

私が唯一尊敬できる大人は 私のママ
ニコニコ温かい笑顔の出る人です
年寄り子どもから好かれ みんな寄ってきます
これって良い人オーラのせいだね
そんなオーラは持ってないけど 私も チビたちを そんな風に大人に育てたいなぁと思ってます
そしたら 間違いなく 女の子を大事にする大人の男に育つでしょう

早く 上のチビの彼女も遊びに来てくれるといいなぁ
楽しみです  うひっ  

 参加してます 応援してください

にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ シングルママ・シングルパパへ こちらも 応援してください

一発検索で欲しい商品が安く見つかる!

型番で検索

« 昨日彼女が出来ました! | トップページ | 仲良くして頂いた みなさま »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

塾長さん
お久しぶりですね 子どもさんたちの成長の過程が文からもお写真からも感じられ まるでばーちゃんのような感覚で読ませて頂いております
野球しか興味ないんかい!って思ってたら大間違いですわ 結構 男の子同士の会話聞いてたら おもしろい話してますよ~ ふふふっ 
彼女とのご対面 お楽しみに!

こんにちわ。すんごい面白い記事です。PCの前で思わず「ガハハ」と笑ってしまいました。
やたら早い時間に切り上げたデート、門限が近づくに連れて、「ヤバイ、早く帰らんと」と頭ん中が混乱してくる様子が伝わってきます。
「顔重視」というのも面白いですね。男はそういう馬鹿な生き物なのが、大人になった今の私も共通点です。
ちなみにうちの長男も野球小僧です。そのうち女連れてくるのかな~?

くりくり2さん
同伴? ママを同伴? ? ?
まぁ 親とも仲良く出来る男の子って マジメで優しい子ばかりなので きっと次男坊くんもそんな子なんだなーと思います
きっと社会に出てもたくましく家族を食べさせていけるお父さんになること間違いなし!

kaori4さん
まだ写メも見せてくれませんが「オレ顔重視」と ちょっと前まで言ってましたので可愛い子やと思われます
寂しいクリスマスも終わり 年が明けそう!
受験なんか早く終ってもらいたい! またまたド貧乏になりますぞ~

門限を守る彼女ちゃん♪
きっとお約束をしっかり守れる優しいかわぃぃ女の子なんでしょぅね~
ちょっとだけ寂しくもあり~
成長が嬉しくもある。。。クリスマスイブ過ごされたのですね~^^

我が家にも門限ありますよ
25歳になる長男坊の高校の時は
日中、何事をしようが門限は9時半でした~
かなり横道に反れていても(?)
そこだけは厳守してたのは感心?!
真面目な次男坊は遅くなる理由があって
10時や11時になる事も…
「あの兄ちゃんでさえ9時半だ!」といったら
それ以降は9時半に必死に帰ってきます~
女の子の親はまた違った思いがあるでしょうけどね!
ちなみに次男坊のデートは彼女の母公認、
たまに同伴です~~・・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75989/9557126

この記事へのトラックバック一覧です: 門限ってあったなぁ:

« 昨日彼女が出来ました! | トップページ | 仲良くして頂いた みなさま »