« 将来の夢は (長男) | トップページ | 奨学金に対する結果 »

2007年3月 1日 (木)

娘がいなくなって5年目の

5年目の命日

3ヶ月も生きれぬまま 死んでいった

今日は 娘の命日です

生きていれば 愛子さまと同い年で

かわいい盛りなのですが

妊娠して 出産して 当たり前に健康な子どもを授かる

そう思っていました

初めの子の出産の時は

下半身に掛かったカバーで 見えない我が子が心配で

「 ちゃんと手足 ついてますか? 」 と 助産婦さんに訊ねた記憶があります

まさか 私の子が 心臓病 だなんて 考えたこともありませんでした

チビ2人を連れ 再婚

普通に妊娠し 普通に出産し 普通に小児科の先生の診察も受け 祝福され退院

退院して 家族5人の平凡で幸せな生活が始まって1週間

苦しそうな 踏ん張るような声を放つ 娘に気付きました

お便秘で苦しんでるんだと思いました

上のチビに抱かせて 下のチビは荷物持ち

出産した産婦人科へ3人で 連れて行きました

わけもわからないまま 「 しっかりしなさい 」 と ミルクと紹介状を手渡す先生と看護士さん

ちゃんと小児科の先生にも 太鼓判もらって退院したやん!

お腹にいるとき 心音 力強い! って言うたやん!

都市高速の乗り口で 手が震えて なかなか お金が出せなかった

チビたちが後ろで 大事そうに妹を抱いているのに がまん出来ずに 泣きながら走ったのを鮮明に覚えています

心臓病 だということ

手術が必要だということ

どれだけ危険な状況かも 分からないまま

ただ ちゃんとした体に産んでやれなかったことを悔いて 悔いて

2回目の手術中 死んでしまいました

責める相手が 自分しかなく

周りの家族や友だち みんなに心配をかけ

泣き続けました

友だちが 「 涙も いつかは出なくなる時期がくる 」 と

その時は 理解出来なかったことが 5年経って分かるようになりました

今でも 責めてるし 悔いてもいるけど 娘の分も 生きないといけん と思っています

当たり前に 健康な体が手に入るわけではありません

健康に生まれてきてくれたのに  それ以上のことを望み 口やかましく 締め付けてばかり

~ チビたちが 健康で素直ないい子に育ちますよう 見守ってください ~

と 毎朝 仏壇に手を合わせて お願いするのですが これが 親として 一番の願いです

あとは チビたちの 自分で築いていく人生

みんな 健康で 仲良く 長生きしたい

チビたちの たくさんの幸せな姿を 見ていきたいと思います

 参加してます 応援してください

にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ シングルママ・シングルパパへ こちらも 応援してください

グリーンマンエッセンス
あなたにあったフラワーエッセンスがきっと見つかる。なりたい自分になる!

« 将来の夢は (長男) | トップページ | 奨学金に対する結果 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kaori4さん
ありがとう 
がんばり過ぎは よくないですよね
肩の力を抜いてチビたちと楽しんでいこうと
思ってます
チビたちの成長が一番の楽しみです

大変なことがあってだったのですね、、、
しおしおさんと息子さんたちと娘ちゃんとしっかりとした絆で結ばれてます。。。
元気に生きて頑張らないと~ですね。
あ、頑張りすぎはダメですけどね・・・

ma3koさん
自分が知らないだけで いろんな病気があるんですね~
どんな病気なのか どんなツライ症状が出るのか
身近に病気の人がいないと 知らないままだし…
かといって 病気の子が 近くに出ると 変な気遣いをしたり 勝手な偏見を持ってしまう
病気の子の母親は 普通の健康な子ども達と出来るだけ同じように生活をさせてやりたいと願っているのに
まだ治療をされている息子くん がんばれ!みんなで 健康に楽しくいこー!

そんなことがあったのですね。
本当に辛かったでしょう。
3月1日はうちの娘の誕生日です。なんだか余計に考えてしまいました。。。

うちの息子も生まれて間もなく喘息で入院を繰り返しました。
先生には「なんでもっと早く連れて来なかったんですか」って言われ、手遅れ状態でした。
意識ももうろうとした時はひたすらお経を読んでいました。なんとか助かりますようにと。
息子は喘息は治ったものの、小1でてんかんになりました。今も治療中です。おまけにADHDでも治療しました。子供の病気のたびに私まで死にたいくらいの思いをしてきました。だからしおしおさんのお気持ちは私の数倍以上だと思います。
今、こうして明るく元気にがんばっているしおしおさんは偉いなぁ~。
良い子に育っているお子さんたちも。

鈴さん
自分自身も 年とった自分の親より先には 絶対 死ねないと強く思っています

前を向いて 歩いていれば きっといいことがある! 無理せず 3人でゆっくり歩いていきます

子供が辛いときに、ただ見守るだけで何も出来ないなんて辛かったですね。
息子さんたちもショックが大きかったことでしょう。
子供が親より先に旅立つ悲しさに心が痛みます。

時と共に、ご家族三人の悲しみが癒えますように・・・。

なぎさん
目の前で苦しむ我が子を ただ見ている事しか出来ないのは 今まで経験した中でなにより辛いことでした
時を重ね 目の前にいるチビたちを みつめることが出来るようになれたこと 周りで支えてくれたみんなに感謝してます
これからも 元気出して いこー!!

胸が締め付けられるようでした。
どんなに悲しみのどん底を歩まれたのかと。
癒してくれるのは時間だけですね。
精一杯生きていかないとね!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75989/5537796

この記事へのトラックバック一覧です: 娘がいなくなって5年目の:

« 将来の夢は (長男) | トップページ | 奨学金に対する結果 »