« 実態調査 | トップページ | こたつ虫 »

2006年11月 3日 (金)

いじめ

福岡中2いじめ自殺問題

悲しいことに ターゲットが変わっただけで また 同じ事を繰り返しているそうです

問題の起きている中学校は 同じ会社の人のお子さんが通う予定の隣の中学校

会社の人は 親として不安やし 腹立たしいと言っていました

福岡の市内からみると かなり田舎のほうにある中学校です

私の勝手なイメージで 田舎のほうの子って みんな仲良しって思っていたんですよね~

だってね 嫁に行った大分の田舎町 隣町の○○ちゃんは結婚したとか ○○ちゃんは役場に勤めてるとか  すべて名前に ちゃん を付けて 大人同士になってからも呼び合っているんです それが じーさん ばーさん も おじさん おばさんも そうなんです

田舎の人は みんな仲良しフレンドリーなんやなーーー すっげーっ!!と感心しておりました そして 人見知りの私は うまく入っていけるのだろうかと不安にもなりました

私 自身は 福岡市で生まれて育ちました

いじめを実際に目撃したのは小学生の頃

好き嫌いが多くて 給食を食べきることが出来ない おとなしい感じの 女の子が いじめられていました

その子の苗字に菌と あとにつけて ばい菌 汚い と男子たちが言っていました

女子は 無視するわけでもなく 喋りかけるわけでもなく・・・ 遠巻きに観てました 

私は たったこれだけの給食をなぜ食べれないのかが不思議で みんなと同じように かわいそうと思いながら 遠くから観ているだけでした

今 思い出すと その子  かわいらしいお洋服を いつも着せてもらっていたんです たぶんご両親に大事に可愛がられていたんじゃないかなぁー

クラスが変わって いじめられなくなったのか その後も いじめられていたのか覚えていません

それ以降 いじめを観た事もなくなく 楽しく学生さんをしてきました

こんな状態で大きくなった人が 親や先生になったとしたら 今の時代のいじめを理解したり察知したりすることが出来るのでしょうか そして その当事者たちを諭すことが出来るのでしょうか

集団の力は 怖いもので どんどんエスカレートしていきます

人としての心の痛みを感じることの出来る人間に育てていくのが これからの親の使命でしょうね

大人になって 仕事をしたり 社会生活をする上で必要なのは 読み書き計算の能力だけではなく 人間性の部分が一番大事です

いじめの犠牲になる子どもたちを これ以上 出さない教育 人としての教育 というものを 今 しっかり考え 実行していかなければならない時期に来ているのではないだろうかと この事件を通して 強く感じています

 参加してます 応援してください

にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ シングルママ・シングルパパへ こちらも 応援してください

オンガク視点のライフスタイル提案フリーメディアBENT>

« 実態調査 | トップページ | こたつ虫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75989/4050720

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ:

» ▼ いじめに親はどう取り組むか [いじめ避難所]
東京都教育委員会は今月 公立の小中学校と高校の児童・生徒に緊急アピールを配布した。 「どんなことがあっても, 自らの命を絶ってはならず 相談する勇気をもってほしい」と呼びかけている。 そして保護者には 「子どもをよく見つめ, 子どもの思いに寄り添うように」と訴えている。 しかし, 子どもがいじめられ...... [続きを読む]

« 実態調査 | トップページ | こたつ虫 »