« なんとか皮一枚 | トップページ | 3連勝!! 首位0差 »

2006年6月28日 (水)

就学援助の医療援助

我が家は 貧乏母子家庭です

受験生(中3) 来年受験生(中2) を扶養しています

  養育費は一切もらっていません
    実家の援助も受けていません  

公的な援助や手当てだけを頂いて 安月給の事務員さんです

 その公的な援助の一つに就学援助があります

 その援助の内容は 以前 書いたので省略しますが ちょっと つけたしの「医療援助」という制度があります  
 母子医療を受けれるのであれば そんなに医療費の支払いはありませんから あまり必要ではないのかもしれませんが そうでない方は ぜひ活用されてください

この「医療援助」は 就学援助の認定を受けて 初めて受けることが出来ます

簡単に説明しますと 就学援助を受けている世帯の児童生徒が 定期健康診断・健康相談を受診した結果 国の法律で定めた病気が見つかった場合に その医療費を援助するという制度です 

医療援助の対象となる病気は
  ●むし歯  ●トラコーマ及び結膜炎  
  ●白癬、かいせん 及び膿か疹  ●中耳炎
  ●慢性副鼻腔炎及びアデノイド
  ●寄生虫病(虫卵保有を含む)

  春に学年が上がると耳とか鼻とか歯とかの 検診 ありますよね  その結果 学校から「病気治療のおすすめ」などが届くと思いますが その時に 「医療援助申請書」を学校に提出し 教育委員会が発行する 「医療券」を持って受診すれば保険診療の対象であれば 患者が医療機関に支払う料金は発生しません

 医療機関によっては 医療券が使用できないところもあるそうですので 治療前に必ず 医療券が使用できるか確認してみてください

 医療券の有効期間は 交付日からその年の 12月31日まで

 いろんな 公的援助を活用して 子どもたちに充分な治療を受けさせるのは 低所得者世帯にとって 必要なことだと思います  子どもたちは 生まれてくる環境を選べないから

 掲示板などに 迷惑母子家庭 などというのを 先日 偶然みつけてしまいました
死別じゃなく 離婚の母子家庭という前置きが ありました  社会のお荷物だとの言葉に  絶句してしまい 読んでいて悲しくなりました
 
 マジメだけがとりえの私が書くので どうしても カタイ文章になってしまいましたが 一生懸命やってる人は 正々堂々と 公的援助を利用して 子どもたちに人並みの生活をさせてやっていいのではないかと云う事です

明るく楽しく行きましょう!

母子家庭でなくても 申請できる制度です! 就学児がいる低所得の世帯は ぜひ申請してみることを おすすめします

 参加してます 応援してください

にほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 家族ブログ シングルママ・シングルパパへ こちらも 応援してください

★ポイント最大3倍★ワラウ経由なら、いつものお買い物がとってもオトク♪

« なんとか皮一枚 | トップページ | 3連勝!! 首位0差 »

「就学援助って申請してますか?」カテゴリの記事

コメント

オタンコナスさん
安いという点では 県や市の住宅  これに限る!
と思います  もちろん我が家も築20年以上の
古い古い県営住宅  めんどうなことも多いけど
安さには換えられません!
もし 失業でもしようものなら 家賃の減額申請も
出来るし 来年には お金のかかる年齢の子を扶養
していると家賃減額申請する予定です
抽選に当たるまで 頑張ってみてはいかがですか

私も母子で援助なく中2中3の子供を持つ母です。あまりに境遇ガ似ていて私が書いたのかと思ったくらいです。   家をやすく借りる方法はありませんか?

いつも訪問してくださって ありがとうございます。知っていればなぁーと思った情報を特に書き込んでいってますので みなさんの役に立てたら嬉しいです。

そうですよ!
使える制度はどんどん使いましょうよ(^^)v
僕はこういう医療援助があることさえも知りませんでした(T_T)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75989/2419033

この記事へのトラックバック一覧です: 就学援助の医療援助:

« なんとか皮一枚 | トップページ | 3連勝!! 首位0差 »